デザイナー

TOP > 企業のご担当者様へ > ラインナップ > デザイナー

必要なときに、必要な人材を派遣します

    • ご利用可能な契約形態
    • 人材派遣
    • 紹介予定派遣

    空間づくりのスタートとも言える施設の企画や空間デザインは、施設の集客力を左右する重要な業務ですが、これを担当するには、豊富な経験や類似施設に関する知識、そして優れた発想力などが必要になります。当社では、経験豊富なデザイナー、若手で斬新なアイディアを出すデザイナーのほか、CADオペレーターやグラフィックデザイナー等、空間デザインの企画・提案・設計にかかわるスタッフの派遣依頼に積極的にお応えしています。
    新しい発想の空間をデザインするには、様々な業態を経験しているスタッフを活用してデザインすること、また自社のデザイナーに外部からの刺激を与え、新たな知識を移植して活性化することが有効ではないでしょうか。

派遣スタッフの担当業務

  • 各種空間デザイン(商業施設、文化施設、展示会、オフィス等)
  • インテリアデザイン
  • グラフィックデザイン
  • CADデザイン・オペレーション
  • 各種施設の企画・プランニング

活用事例

お客様の課題

ベテランのザイナーが、急遽退職することになった

 

少人数で商業施設の企画、デザインを手掛けて来て、最近やっと受注案件が増えて来たところで、ベテランのデザイナーが家庭の事情で急に退職することになったのでデザイナーを募集するが、派遣スタッフの採用も含め検討したいとの事で、当社にお問い合わせを頂きました。

業務内容等を確認させて頂いたところ、チーム制でデパートや駅ビルの専門店等のデザインをされていて、チーフデザイナーとなれる人材と、サブチーフも務まるデザイナーの採用をご希望でした。早速、商業施設の経験豊富なデザイナーの作品集を見ていただいたところ高評価で、チーフデザイナー待遇での派遣させていただき、チーム全体に刺激を与えるとともに、レベルアップにもつながりました。またサブチーフ候補者については、若手で経験は少ないものの、内装の大手企業でCADを担当していたスタッフを派遣させていただきましたが、業務対応力の伸張が著しく、現在はサブチーフの役割も担当出来るようになり、会社の活性化につながっているとのことです。

当社スタッフに対するフォロー内容

1. 
    1. デザイナーの場合、本人のスキルによって成果物が大きく違ってくるため、自分の殻に閉じ篭らずに周囲のデザイナーさん達とコミュニケーションをとり、広く情報交換をしたり最新の施設情報を仕入れたりすることを薦めています。また、派遣先のご担当者様に成果物のレベル等を確認させて頂き、その結果をスタッフにフィードバックして、啓蒙しています。
2. 
    1. デザイナーは自身のプランやデザインに拘りを持ち、また時間を忘れて仕事に没頭し過ぎることもあります。月次の勤務時間の届出を確認して、深夜残業や休日出勤が増えている場合には、限られた時間の中で一定の成果物を仕上げるよう指導し、また体調やメンタル面の不安が無いかを確認しています。